インク汚れの落とし方

誤って書いてしまったものを落としたい。そのようなお問合わせを日頃いただくことがございます。
当社の基本概念といたしましては“落ちない”“消えない”ことを前提にしておりますので、簡単に落とすことは難しいのが現状です。
できる限りの対処法としてご紹介致します。

修正具(修正液・修正テープ)

商品名(代表的な商品)

  • 修正液
  • ケスパ(ペンタイプ)
  • ボールケスパ
  • 修正テープ

一覧

対象物 落ち具合 方法 備考
皮膚(手・顔など) C すぐには落ちませんが、徐々に落ちていきます。
× 落とすことはできません。
ガラス・せともの A ほぼ落ちます。
金属 A  
プラスティック A 溶剤の影響により、表面が白くなったり、割れてしまうことがあります。
布(木綿・麻) B ドライクリーニングをお勧めします。
布(毛・絹) B ドライクリーニングをお勧めします。
布(ポリエステルなど、合成繊維) B
× 落とすことはできません。
石・レンガ・ブロック × 落とすことはできません。
革・合成皮革 × 落とすことはできません。
ビニール A 染まりやすい材質、凹凸のあるものは落ちにくいことがあります。
ホワイトボード A
壁紙(ビニール系) A 染まりやすい材質、凹凸のあるものは落ちにくいことがあります。

落ち具合 ◎…落ちます。 ○…ほぼ落ちます。 △…インク汚れが残ることがあります。 ×…落ちません。

インクの落とし方

A 使用材料 うすめ液・布巾(よごれてもよいもの)
方法
  1. 汚れた部分にうすめ液を少しづつ垂らし、修正液を溶かしてください。
  2. 溶かしたインクを布巾で拭き取ってください。
  • うすめ液は臭いのある溶剤の為、換気を良くして行ってください。
  • テープの場合はうすめ液を垂らすとテープの定着が弱まります。
    浮いてきたテープをティッシュなどで取り除いてください。
B 使用材料 なし
方法 ドライクリーニングに出してください。
C 使用材料 石鹸(手洗い用のもの)、ぬるま湯
方法 良く泡立てた石鹸で丁寧に洗ってください。
手の皺や指の指紋の溝に入ったインクはすぐに落ちませんが、徐々に落ちていきます。