インクの誤飲、誤食について

インクの誤飲、誤食の場合の対処方法

当社製品は筆記以外にはご使用いただけません。
幼児の手の届かないところへ保管いただくようお願いいたします。

誤ってインクをなめてしまったり、目に入ってしまった時には、以下の処置方法をご参考にしてください。

万が一体調に変化が見受けられるようなことがございましたら、速やかに医師の診察を受けていただくようお願いいたします。

インクをなめてしまった場合、飲み込んでしまった場合

処置
水でよく口の中を洗浄してください。
うがいが出来ないお子様には、水で濡らしたガーゼやタオルなどで、口腔内をよく拭いてあげてください。

手や顔などにインクがついてしまった場合、書いてしまった場合

処置
水やぬるま湯を流しながら洗浄してください。
必要に応じて、普段お使いの洗顔料や石鹸などを用いてください。

インクが目に入ってしまった場合

処置
直ちに清浄な流水でよく洗浄してください。

インクの誤飲、誤食の一般的状況について

誤飲・誤食のインク量について

小さなお子様が誤ってインクを飲み込んでしまった場合、染料・顔料が口腔内を広く染めるため、少量の摂取においても、かなりの量を誤飲したと誤解するケースがあります。
ペン1本に充填されているインクは細軸で1~2g程度、太軸で5~6g程度であり、小児がその全量を吸引・摂取することは、困難と考えます。

インク成分の安全性について

インク成分は、人体に対する安全性の保証はありませんが、危険性の高いものではありません。

急性中毒の可能性について

インク量が少ないことと、インクの安全性から急性中毒を引き起こす可能性は少ないと考えます。
また、弊社のインクを誤飲したことによる死亡・中毒の事例は、確認されておりません。

ご注意事項

上記のように急性中毒の可能性は少ないと考えますが、インクは化学物質の混合品なので、人体に対する作用の大きさは人それぞれ異なります。
万が一体調に変化が見受けられるようなことがございましたら、速やかに医師の診察を受けていただくようお願いいたします。