正しくご使用いただくために

ご使用前に「ご注意」表示をよくお読みの上ご使用下さい。

ご注意

マーカー・マーカーカートリッジ

  • 筆記・描画以外に使用しないでください。
  • ペンを激しく振ったり、落としたりするとインクもれや、ふき出しの原因となります。
  • 直液式マーカー、カートリッジ式筆ペンはインクがもれたり、ふき出す場合がありますので、飛行機内等・気圧や温度差のある所では、ペン先を上に向け、紙などで軽く押してから使用してください。
  • ご使用後は必ずキャップをしてください。衣服を汚す原因となります。
  • 幼児の手の届く所へ置かないでください。
  • 部品を口に入れたりすると、窒息の恐れがございます。万一、飲み混んだ場合はすぐに医師の手当てを受けてください。
  • 万一、インクが目に入った場合はすぐに水で洗眼し、医師の手当てを受けてください。
  • 衣服等にインクがつくと落ちにくいので注意してください。
  • 筆記したものは長時間経つと色あせする場合があります。
  • 高温の場所には放置しないでください。
  • 油性マーカー・水性マーカーは一部のファックス用紙、インクジェットプリンタ対応用品に書くと、ペン先が目詰まりして書けなくなる場合があります。
  • 油性マーカー・水性マーカーはCD-R、DVD-R等の記録メディアへの筆記には適していません。
  • 油性マーカーはクリアファイル・ビニールに書いて長時間重ねておいたり、筆記したものをビニールに入れて保管するとインクが色移りします。
  • 油性マーカーは一部のアイロンプリントに書くと、洗濯時に色移りします。
  • 油性マーカーは長時間使用する場合は、換気をよくしてください。
  • 油性マーカーは可燃性ですので、火気に近づけないでください。
  • 油性マーカーは浮輪・長靴・レインコート・ビーチバッグ等の軟質塩化ビニール製品には適しません。
  • ドライクリーニングや洗濯で筆記線が多少薄くなることや色移りがあります。また、ぬれた布を重ねたまま放置すると色移りする場合があります。筆記線に液体洗剤を直接つけると筆記したインクが溶け出すことがあります。
  • カートリッジを激しく振ったり、落としたり、強くつまむとインク漏れや、ふき出しの原因となります。
  • インクカートリッジ交換の際には、インクが手や衣服等に付くと落ちにくいので注意してください。
  • すぐに交換しない時は、ケースに入れたまま横置きにして保管してください。

チェックペン・チェックテープ

  • マーク以外に使用しないでください。
  • 教科書や参考書等の紙質によっては、マークしたしるしが消しペン(テープの場合は消しゴム)で消えにくい場合があります。また、長期間経過したものは消えません。
  • チェックペンは長期間経つことで消えていた筆記線が戻ることがあります。
  • 鉛筆又はシャープ等で書いた文字(光を反射する筆記線)や、印刷物によっては文字が隠れにくい場合があります。チェックペンは鉛筆又はシャープ等で書いた文字は隠せません。
  • 幼児の手の届く所へ置かないでください。
  • 部品を口に入れたりすると、窒息の恐れがございます。万一、飲み混んだ場合はすぐに医師の手当てを受けてください。
  • 衣服等にインク・テープが付くと落ちにくいので注意してください。
  • テープは高温多湿、直射日光の当たる場所には放置しないでください。