インク汚れの落とし方

誤って書いてしまったものを落としたい。そのようなお問合わせを日頃いただくことがございます。
当社の基本概念といたしましては“落ちない”“消えない”ことを前提にしておりますので、簡単に落とすことは難しいのが現状です。
できる限りの対処法としてご紹介致します。

衣類の落し方:油性ボールペン/マーカー

使用材料
  • (a)消毒用エタノール、あるいは除光液(プロピレングリコール類含有のもの。それ以外では落ちません。
  • 汚してもいい布きれ2枚(印刷のないもの。ティッシュでも可)
  • 汚してもいいビニール(印刷のないもの)
落とし方
  1. 用意した(a)を衣類に試しに少しだけ付けてみて、衣類自体を痛めたり、衣類の色を侵したりしないか、よく確認してから始めてください。
  2. ビニールを敷き、床・机を侵さないようにしてその上で作業を始めてください。
  3. 衣類の汚れている部分を下向きにし、その下に布切れ1をあてます。
    (a)を衣類の汚れたところの裏から少しづつかけます。
    布きれ2で衣類をたたいて、インクを上下の布きれに溶かし出し、落とします。
  4. この作業を何回か繰り返しインクが染み出してこなくなるまで行います。
  5. インク汚れが落ちたら洗濯して、除光液や皮脂を落としてください。
ご注意
  • ビニールレザーや本革の場合は、染まってしまい落ちません。
  • 場合により、マニキュアの除光液で、衣類などが浸されて色が剥げたり溶け出したりすることがありますので、十分注意して落とすようにしてください。
  • 火気、換気に注意してください。
  • シンナーベンジンでは落ちません。また、ソファや畳など当て布のできないものには適しません。