ボールペンが書けない時は

ボールペンが書けない、インクが出ない。これでは文字を書くことができずに困ってしまいますね。
ここではボールペンに関する不具合要因を説明いたします。

インクは入っていますか?

本体の中の替え芯を見てください。インクは入っていますか?チップの下の方までインクが来ていると、見た目ではインクが残っているように見えても内部ではインクがなくなっている場合もございます。

インクは古くなっていませんか?

ボールペンのインクは、長い時間が経過すると溶剤がとんで書きにくくなりますので、なるべくインクが新しいうちにお使いください。
置かれている環境で多少異なりますが、製造後約3年間が快適な書き味を楽しめる目安になります。ゼブラのボールペンの芯には次のような文字が刻印されています。「芯」のあとの数字が順に製造した西暦年の下2桁、月を表していますので参考にしてください。

筆記線が擦れてしまう

筆記したときに、引っかかったり、線に濃淡ができてしまったり・・。逆にペン先に溢れるほどインクが溜まっていたり・・こんな経験はありませんか?上記のような不具合の症状はペン先(チップ)先端に傷がついていると起こります。ボールペンのペン先はミクロン単位の加工精度のため、落としたりぶつけたりした場合や突き刺す道具、こじ開ける道具として使用した場合など、先端部に傷がついてしまい筆記不良やインク漏れの要因となることがあります。

インク中に空間ができている。(空気が入っている)

中芯内に空気が入り空間ができ、インクがペン先とは逆に流れてしまう現象です。
下記をご参照ください。

1. 一般的なボールペンは、ペン先(チップ)の先端でボールとインクによりフタがされていて上向きにしてもインクは下に落ちません。これはストローの中に水を入れて片側をフタをすると、水が落ちないのと同じ原理です。

2. 通常、下向きにペンを使う場合はインクの重み(重力)に押されて、ボールが回転してもインクが出るだけで空気は入りません。

3. しかし水平向きや上向きに書くと、機構上、ボールの回転によって空気が入ってしまいます。

4. 一旦空気が入ると、フタがはずれた状態になり、インクが逆流してしまいます。これは、ストローのフタを外すと水が落ちてしまうのと同じ状態です。

ベッドの上で仰向けになって筆記したり、壁に掛かったカレンダーなどに先端部分を上にして書いたりすると空気を巻き込みインクが逆流します。

また、カバンの中で、他のモノに押されてボールペンがノックされると、水平向き筆記になる場合があり、逆流することがあります。作業着やエプロン・ズボンなどのポケットの中で、横向きの状態でペン先が出ていると、水平向き筆記されて逆流することがあります。

筆記線にインクのかたまりがでてしまう

油性ボールペンは、チップ先端部のボールが回転することにより紙面にインクが転写され筆記することができます。この時に、紙と接していない部分のインクが少しずつ溜まり、紙に落ちてしまいボタとなります。

ボールの回転が一定方向に続くと、上記要因によりインク溜り(ボタ)が発生しやすくなるため、本体の持つ位置を時折り変えると多少軽減されます。
しかしながら現状はどの油性ボールペンをご利用いただいても“インク溜り(ボタ)”は発生してしまいます。油性ボールペンに比べ、インク溜りの少ないジェルインクボールペンをご利用いただくことも一案と思われます。

寒いところ、暑いところで書けますか?

ボールペンはマイナス10℃~プラス60℃程度の温度環境下でしたら筆記可能です。 それ以上や、以下の環境の場合筆記できなくなります。(マイナス10℃やプラス60℃の環境にボールペンを放置後、室温に戻した場合は筆記可能です。)

注釈:当社の油性ボールペンは、マイナス10℃までは筆記可能であることが確認できております。しかしながら、筆記される環境により筆記できない場合もございます。氷もしくは水に筆記できないのと同じで、筆記面が結露などにより湿っていると筆記はできません。
※結露(空気中の水蒸気が冷たい物体の表面に凝結して水滴となったもの)