2017年2月14日

手書きの文字で気持ちがやさしく伝わる、心の距離が縮まる
『サラサクリップ×そえぶみ箋』
2017年3月3日(金)数量限定発売

ゼブラ株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:石川真一)は、人気のジェルインクボールペン『サラサクリップ』と天保6年創業の老舗、古川紙工株式会社(岐阜県美濃市)の『そえぶみ箋』とのコラボレーション『サラサクリップ×そえぶみ箋』を2017年3月3日(金)より全国の文具取扱店にて数量限定で発売します。

近年デジタルツールが発達する一方で、一筆箋がコミュニケーションツールとして女性を中心に注目されています。特に『そえぶみ箋』はそのブームの火付け役として年間35万個を売り上げている一筆箋です。『サラサクリップ×そえぶみ箋』は、オリジナルデザインの『そえぶみ箋』にさらさらした書き味と鮮やかな発色が特長の『サラサクリップ』のセットです。サラサクリップとそえぶみ箋でメッセージを添えることで気持ちがやさしく伝わります。

特長

  1. 『サラサクリップ』と『そえぶみ箋』の初めてのコラボレーションです。このコラボレーションのためにデザインされたオリジナルの「そえぶみ箋」で、タイトルが書けるふきだしは折り曲げると本文を隠すことができ便利です。また、罫線はサラサクリップ0.5の線幅に合わせ、通常のものより2行多い9行で、より多くのメッセージを書きたいという要望に応えています。
  2. それぞれの「そえぶみ箋」のデザインに合わせて、46色のカラーバリエーションをもつ『サラサクリップ』から3色をチョイスしています。上司や友だちへのメッセージなど、さまざまなシーンに使えるサラサクリップ3色を選びぬいています。
  3. 「そえぶみ箋」を送ることで、いつもより丁寧に言葉を選ぶなど、周囲の人とのコミュニケーションが円滑になるメリットもあります。

「サラサクリップ×そえぶみ箋」価格:¥550+税(税込¥594)
ペンの太さは全て0.5mm
(左から)ほっこりティータイムそえぶみ箋 便箋30枚、ブラウングレー、ネオンオレンジ、ブルーグリーン各1本
はばたくちょうちょそえぶみ箋 便箋30枚、ブルーグレー、ネオングリーン、ピンク各1本
きらきらジュエリーそえぶみ箋 便箋30枚、ダークブルー、ネオンピンク、黄色各1本

使用シーン例

友だちへのプレゼントに

先輩に本を返すとき

ママ友へのお土産に

市場背景

国内の筆記具市場は微増傾向にあり、その中でも水性ボールペンの割合は年々伸びています。油性と比べにじみやすいイメージがある水性ボールペンですが、『サラサクリップ』のような水性顔料タイプは耐水性があり、軽い力で書けることから徐々に幅広い年代層の方から人気が高まってきました。2013年度より、油性ボールペンと水性ボールペンのシェアが逆転し(※1)、現在では国内筆記具市場で水性ボールペンがトップのシェアを占めています。『サラサクリップ』は発売以降累計4億本を売り上げ、ジェルボールペンの中で5年連続シェアNo.1を記録しています。(※2)

  • ※1 (株)矢野経済研究所「文具・事務用品マーケティング総覧―2016年版―」
     注1.メーカー出荷金額ベース、注2.2016年度は予測値(2016年12月現在)
  • ※2 日経POS情報サービス
     2012年1月~2016年12月文具市場(ジェルボールペン)各年間累計販売本数より。全国GMS/SM/CVS/DRUG計

国内ボールペン市場規模推移(単位:億円)2011年度:水性ボールペン158億円・油性ボールペン187億円 2012年度:水性ボールペン184億円・油性ボールペン192億円 2013年度:水性ボールペン212億円・油性ボールペン203億円 2014年度:水性ボールペン234億円・油性ボールペン205億円 2015年度:水性ボールペン239億円・油性ボールペン207億円 2016年度(予測):水性ボールペン243億円・油性ボールペン207億円

そえぶみ箋とは?

和紙美濃 そえぶみ箋

「美濃和紙」で作られた手のひらサイズの小さな一筆箋のこと。美濃和紙は、岐阜県美濃市に伝わる昔ながらの製法で作られ、やさしい色合いが特長です。250種類以上のデザインがあり、日々の暮らしやビジネスシーンで、ちょっとしたひと言を贈れることから、年間35万個を売り上げています。一筆箋は雑誌の特集なども組まれ、ひとつのブームになっていますが、「そえぶみ箋」はその火付け役とも言われています。2016年、第25回日本文具大賞を受賞しています。

商品に関する消費者の方のお問い合わせ先

ゼブラ株式会社 お客様相談室
TEL:0120-555335(平日9時~17時)
URL:http://www.zebra.co.jp/

報道関係の方のお問い合わせ先

ゼブラ株式会社
広報室:池田・鈴木
TEL:03-3268-1228/FAX:03-3268-1174

プレスリリースの内容は、商品の仕様変更・販売終了、当社の事情により、最新の情報と異なる場合がございます。