2016年8月2日

今までになかったジェルインクの高級デザイン。
若手ビジネスマンに向けた、新しいオトナボールペン
『サラサグランド』9月14日(水)発売

ゼブラ株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:石川 真一)は、『サラサグランド』を9月14日(水)より全国の文具取扱店にて発売します。

サラサシリーズは2000年に発売を開始したジェルインク特有のさらさらとした書き味と鮮やかな発色が特長のボールペンシリーズです。

この商品のターゲットユーザーである20~30代社会人は、学生時代ジェルインクのボールペンに慣れ親しんだ世代であり、特に『サラサクリップ』を勉強等に使用した方が多くいます。社会人になる年齢を迎えたその世代の方々に向けて、ビジネスシーンで使える高級感あるサラサシリーズを発売することになりました。

サラサグランドの特長

  1. サラサクリップと同じ替芯を使用しており、ゼブラが10年以上磨き上げたさらさらとした軽い書き味と鮮やかな黒インクをお使いいただけます。
  2. ビジネスシーンにふさわしい高級感漂う上品な本体デザインが特長です。金属を基調としながら、クリップ下のクリア部分はジェルインクのみずみずしさを表現しているなど、高級感とサラサクリップらしさを両立したデザインです。
  3. サラサシリーズの特長であり、厚みがあるものでも挟みやすいバインダークリップを金属製で実現しました。ビジネス手帳にピッタリの商品です。

『サラサグランド』価格:¥1,000+税(税込¥1,080)ボール径:0.4mm / 0.5mm
軸色:(上から)ゴールド、ブラック、ネイビー、ピンク ※インク色は全て黒

サラサシリーズについて

国内の筆記具市場は微増傾向にあり、その中でも水性ボールペンの割合は年々伸びています。その中でもサラサシリーズのような水性顔料タイプは耐水性があり、軽い力で書けることから人気が高まってきました。2013年度より、油性ボールペンと水性ボールペンのシェアが逆転し、現在では国内筆記具市場で水性ボールペンがトップのシェアを占めています。今回のターゲットユーザーである20~30代の社会人の方は、水性ボールペンのシェアが高まった時代を過ごしてきた世代であり、ジェルインクに慣れ親しんでいる背景があります。

『文具・事務用品市場に関する調査2015』
(株)矢野経済研究所 2015年版より作成
▽国内ボールペン市場規模推移

サラサグランド 商品名の由来

Grand(グランド):華やかな、堂々としたという意味がある単語です。ブランド名であるSARASAと組み合わせて、さらさらとしたインクの書きやすさと上品な本体デザインであることを表現しています。

サラサシリーズ 従来商品

『サラサクリップ』価格¥100+税(税込¥108)
特長:全37色でカラフルなバリエーションです。
イラストや文章を気持ちそのままに書けるジェルボールペンです。

『サラサドライ』価格¥150+税(税込¥162)
特長:超速乾性のインクを採用し、書いてすぐに手で触れても汚れません。スピーディーなメモなどに適しています。

『サラサマルチ』価格¥500+税(税込¥540)
特長:1本に4色のボールペンと、シャープペンの5機能を搭載した多機能ボールペンです。

商品に関する消費者の方のお問い合わせ先

ゼブラ株式会社 お客様相談室
TEL:0120-555335(平日9時~17時)
URL:http://www.zebra.co.jp/

報道関係の方のお問い合わせ先

ゼブラ株式会社
広報室:池田・鈴木
TEL:03-3268-1228/FAX:03-3268-1174

プレスリリースの内容は、商品の仕様変更・販売終了、当社の事情により、最新の情報と異なる場合がございます。