Director:Kenichi Kiriki
Cinematography:Yutaka Amano/Kenichi Kiriki  Editor:Kayoko Endo

ペン先にインクをつけて書く「つけペン」は、ボールペンが普及する
以前に一般に使用されていた筆記具です。現在では、主に漫画やイラ
ストを描く道具として使われています。「つけペン」は、1897
(明治30)年にゼブラが国内で初めて生産を始めました。
それが筆記具メーカーであるゼブラの礎となっています。
118年経った現在も国内の自社工場で、職人が1本ずつ手作り
しています。また現在でも品質向上の取り組みを続け、プロ
漫画家の意見も聞きながら新商品の開発を続けています。

筆圧の強い人が力を入れて描いても、
ペン先が開きすぎず細い線が引ける!
線の太細を表現するのに力加減が
しやすいので、熟練した技術がない
漫画の初心者でも扱いやすい!
表面にゴルフクラブ等で使用されるボロンメッキを施し、従来品の約2倍の耐久性を実現。鋭利な先端が磨耗しにくく、細く均一な線を長い間描ける!!